空手の大会について

こんばんは、空手家のヤストです。本日も格闘家への道を更新していきます。前回は空手の流派について書きました。今回の記事では空手の大会についてがテーマです。空手を始めると、道場に通って稽古をするわけですが、実力試しということで、大会に参加することもできます。もちろん、大会に参加するかどうかは自由ですが、空手大会での優勝を目標にして、練習している人も多いです。空手大会の日程については、全日本空手道連盟のホームページにて、空手大会や講習会の案内が掲載されています。最近では、2018年8月4日に第18回全日本少年少女空手道選手権大会が東京武道館で行われました。また、9月29日には、第14回全日本障がい者空手道競技大会が開催されます。障害者を対象にした空手の大会もあるのです。また、日本空手協会のホームページには、全国空手道選手権大会や世界大会の試合日程が掲載されています。過去に開催された空手の世界大会は日本武道館の他、アイルランドやタイのパタヤが開催地となっていたようです。2018年の空手世界大会の日程は、掲載されていません。興味があるので、観戦だけでもしたかったのですが、詳細が不明ですね。ちなみに、僕はまだ大会に出場したことはありません。もっと、空手が上達して強くなったら、参加申し込みしてみたいと思います。僕も大会を目標にして、稽古に励まなくてはいけません。とりあえず、今晩は筋トレでもして寝ます。